本文へ移動

理事長・施設長ブログ

ブログ

新年のごあいさつ

2024-01-01

新年あけましておめでとうございます。2024年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

日頃より、青葉台さくら苑へのご理解、ご協力を賜り心より感謝申し上げます。ご家族、地域の皆様、関係機関の皆様方のお力添えをもちまして、無事に新春を迎えました。誠にありがとうございます。

昨年、青葉台さくら苑は、衰えたとはいえ、新型コロナになお悩まされた年でした。感染法上の分類が5類となりましたが、高齢者が重症化しやすいことは変わりません。面会の制限解除には慎重にならざるを得ませんでした。世間ではパンデミックは終息したかのように普通の日常に戻りつつあります。ご利用者にとって家族や地域とのつながりは、心身ともに健康にお過ごしいただくために必要なことです。そのため感染症対策を徹底したうえで、少しずつ面会方法の緩和、地域との交流の機会を増やしてきました。

職員にとって、ご家族とお会いした時のご利用者の笑顔や、イベントに楽しそうに参加するご利用者の姿を見ることは格別です。こんなにうれしいことはありません。本年は、感染症対策に万全を期す体制を整えて、施設が日常を取り戻していくよう努めていきます。

さて、本年は辰年(竜年)です。実は、私と理事長は年男なのです。竜にまつわる故事成語やことわざはたくさんあります。例えば、『登竜門』という言葉があります。中国の黄河に「竜門」と呼ばれる激しい急流があり、「竜門を登ることができた鯉は竜になれる」という言い伝えによるものです。そのため中国では若者が官僚に認められることを出世への登竜門と呼んでいたようです。また、『竜頭蛇尾』とは、初めは勢いがあるが、終わりがふるわないことのたとえです。『画竜点睛を欠く』とは、最後の肝心の部分が抜けているために不完全な状態にあることをいいます。どちらもネガティブな意味合いですね。

 ということで、本年の青葉台さくら苑は、竜頭蛇尾に終わることなく、また、画竜点睛を欠くことがないように努めてまいります。職員と一緒に竜門を登り、舞い上がる年にしてまいります。

 末筆になりますが、皆様におかれましては、本年が素晴らしい年となりますことを心より祈念いたしまして、私からの年頭の挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



青葉台さくら苑
施設長 坂井祐
1
1
0
8
4
7
社会福祉法人三交会 青葉台さくら苑
〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-21-6
TEL.03-3791-3503
FAX.03-3791-3504
1.特別養護老人ホーム青葉台さくら苑
2.短期入所生活介護青葉台さくら苑
3.高齢者在宅サービスセンター青葉台さくら苑
4.在宅介護支援センター青葉台さくら苑
 
TOPへ戻る