本文へ移動

特養たより

特養たより

七夕

2022-07-12
梅雨明け、小暑の頃の7月7日には五節句の一つである七夕を迎えました。


七夕(「たなばた」または「しちせき」と呼ばれる)のロマン溢れる物語は広く親しまれています。
天の川の両岸にある、こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(牽牛)とが
年に一度、相会出来るように橋が架けられる星祭りは奈良時代に端を発し
江戸時代に民間に広がりました。
五色の短冊に希望や願い事を書き笹の葉につるし祈る習わしがあります。

このように「七夕祭」、「銀河祭」と呼ばれる当日のメニューは
七夕そうめん、星のコロッケ
おやつには水羊羹をお届けしました。
七夕に素麺を食する由来としては、
「無病息災を願う」、また素麺を糸と見立て、織物が得意な織姫に肖り、
「女の子の裁縫が上手になるように」等と諸説あるようです。

今回は、「人参」の栄養素についてご紹介します。
人参はご存知のように根菜類、そして緑黄色野菜の仲間であり、
β-カロテン、カリウム、食物繊維が豊富に含まれています。
・β-カロテン:体内で脂溶性ビタミンの一種であるビタミンAに変換され、
        皮膚や粘膜を丈夫にする。
・カリウム:不要なナトリウムを排出し浮腫を解消する。
・食物繊維:血糖値の上昇抑制。
等の効果があります。
人参は油で炒めると脂溶性のβカロテンは体内に吸収されやすくなります。
「カレー」や「筑前煮」、「けんちん汁」「なます」「各種サラダ」等、
人参を使用したレシピは沢山あり、元気の栄養素のひとつとして大切です。

夏空の星と語らい、風鈴の音色に祈りを込めて
日々新たな気持ちですごしましょう。


管理栄養士 島倉
0
7
1
3
7
2
社会福祉法人三交会 青葉台さくら苑
〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-21-6
TEL.03-3791-3503
FAX.03-3791-3504
1.特別養護老人ホーム青葉台さくら苑
2.短期入所生活介護青葉台さくら苑
3.高齢者在宅サービスセンター青葉台さくら苑
4.在宅介護支援センター青葉台さくら苑
 
TOPへ戻る