特別養護老人ホーム

(代表電話)03-3791-3503

家庭での介護が困難な高齢者が安心して過ごせる「生活の場」です。
利用者の「生活の質」を重視するとともに、プライバシー確保の観点から居室は1人部屋と2人部屋のみとしました。

「利用者一人ひとりの過去、現在を知り、
住み慣れた地域で今まで通りの関わりを持てる生活を提供します。」

原則65歳以上で常時介護を必要とし家庭での生活が困難な方が対象です。
入居定員は97名です(平成27年10月1日より増床)。

施設について

home001

■居室

各部屋にウオッシュレット・シャワー付トイレを設置しています。

各部屋及びトイレからの緊急コールは、スタッフの携帯しているPHSに即転送され、迅速な対応ができるようになっています。

■浴室

入浴はプライバシーの保護に十分配慮し、利用者の障害や健康状態に応じて週2回以上、一般浴、中間浴、機械浴により行います。

home003
home004

home005

行事紹介

■年間行事

ひなまつり、お花見、出張売店、納涼祭、敬老会、年忘れ会、柚子湯、お誕生会 など
>>詳細はこちら

home001

■クラブ活動

華道クラブ、茶道クラブ、書道クラブ、音楽クラブ、アニマルセラピー
>>詳細はこちら

 

目標 「利用者一人ひとりの過去、現在を知り、住み慣れた地域で今まで通りの関わりを持てる生活を提供する。」
対象 原則65歳以上で常時介護を必要とし家庭での生活が困難な方
構成 特養 97名 ショート 15名 計112名

短期入所 3階 4階 5階 6階
個室 2部屋 3部屋 3部屋 3部屋 1部屋 12部屋
2人部屋 10部屋 10部屋 10部屋 10部屋 10部屋 50部屋
利用者数 22人 23人 23人 23人 22人 112人
  • 各部屋にウオッシュレット・シャワー付トイレを設置しています。
  • 各部屋及びトイレからの緊急コールは、スタッフの携帯しているPHSに即転送され、迅速な対応ができるようになっています。
内容
    1. 施設サービス計画

施設を利用されるにあたって、一人ひとりの心身の状態に合わせた生活全般の解決すべき課題、援助目標、サービス内容、担当者、提供の頻度及び期間等を考慮して、施設サービス計画(ケアプラン)を作成します。

    1. 介護

施設サービス計画に沿って入浴、排泄、食事、移動等必要な介助を行います。自立支援、残存機能の維持回復の観点から、ご自身で出来ることは、出来るだけご自身にて行っていただきます。

    1. 食事

生活のリズムを配慮し、概ね下記の時間を食事時間とし適時、適温で提供します。
朝食:午前 8時00分~9時00分
昼食:午後12時30分~1時30分
夕食:午後 6時00分~7時00分

    1. 栄養ケアマネジメント

管理栄養士が中心となり、医師をはじめ他の専門職と共同して、利用者ごとの栄養状態を把握した上で、個々人の摂取・嚥下機能に合わせた食事形態に配慮する中で、利用者ごとの栄養管理を行います。

    1. 口腔ケアマネジメント

歯科医師や歯科衛生士の口腔ケアに係る技術的助言及び指導を受け、利用者ごとの口腔ケア計画を作成し、口腔内の機能維持を図ります。また、利用者及び家族の希望があれば、必要に応じて嚥下内視鏡検査も実施できます。

    1. 入浴

入浴はプライバシーの保護に十分配慮し、利用者の障害や健康状態に応じて週2回以上、一般浴、中間浴、機械浴により行います。入浴できない場合は清拭、または、足浴、手浴等を状態に応じて行います。

    1. 排泄

排泄介助は、プライバシーに十分配慮し(声掛けを含む)、自立に必要な援助を行い、また、オムツを使用せざるを得ない場合は、排尿・排便の間隔、量等を勘案し、一人ひとりに合った介助方法により適時行います。

    1. 機能訓練

常勤のあん摩マッサージ指圧師と非常勤の理学療法士の機能訓練指導員を配置しています。機能訓練指導員を中心に、日常の生活動作に着目し、多職種共同で実施します。
四肢・体幹の低下した機能の回復を図り、かつ心肺機能の向上、基礎体力の増進を図ります。訓練に際しては、器具やベッドを使用し、より効果的な訓練(滑車運動、自転車運動、姿勢矯正等)を実施します。

    1. 生活相談

施設では利用者の心身の状況、その置かれている環境等の的確な把握に努め、利用者又は家族に対し介護に関する相談をはじめとして日常生活に関する相談に応じ、必要な場合は援助を行います。

    1. 健康管理

感染症予防・蔓延防止対策の充実を図ります。「青葉台さくら苑 感染症及び食中毒の予防及び蔓延の防止の為の指針」、「感染症対策マニュアル」を基に、定例の「医療感染症対策委員会」開催と流行時期前の苑内研修実施により、感染症の発生予防と発生時に感染を最小限に止どめるための体制の強化に努めます。
<協力病院>
医療法人 菫会
<協力医療機関>
ホワイト歯科(歯科回診 週2回)
日本大学歯学部摂食機能療法学講座(嚥下内視鏡検査 月1回程度)
<嘱託医>
内科 3名(各週1回 月・火・金曜日)
整形外科 1名(隔週1回 水曜日)
精神科 1名(隔週1回 水曜日)

    1. 看取り介護

医師の診断により、看取り介護が必要な状況になった場合、「看取り介護指針」に基づき、利用者及び家族の意向を反映した看取り介護計画を作成し、多職種協同で計画に基づいた援助を行います。

    1. 理美容サービス

希望により施設内でサービスが受けられます(第一木曜日・第三月曜日、他日程希望の際は生活相談員にご相談下さい)。理美容代は全額自己負担となります。

1.余暇活動
月に1回第4土曜日に出張売店を実施予定。基本は食品・日用品。